バイク

骨折で固定していたボルト・3年後に抜釘手術を受けた費用と入院期間

骨折で入れていたボルト(スクリュー)を取る手(抜釘)手術を受けました。ボルトを入れる手術をした病院より、今回手術をした病院の方が全てが丁寧でした。

骨折~手術~その後の記録

入院までの通院は2回でした。

  1. 紹介状を持って受診
  2. 手術前の検査

入院期間・かかった費用・手術時間

  • 入院期間:4日
  • 入院費用:約8万円(自費を除く)
  • 手術時間:2時間弱

入院前の説明では、入院は3日間と聞いていましたが、4日に伸びました。手術前日に入院し、入院1日目は暇でした。

入院費用の自費は、部屋と食事でした。部屋は大部屋が空いてなかったため2人部屋でしたが、隣は1日目しかいなかったのでほぼ1人部屋状態で得した気分でした。

足首内果骨折・抜釘手術前まで

下肢の骨折でボルトを入れて固定する手術を受けた場合、抜釘は1年後と言われていましたが、私の場合は約3年経過していました。あまり時間が経ちすぎると、ボルトが骨等にくっついることがあり、全部とれないかもしれないと説明を受けていました。

局所麻酔か全身麻酔

麻酔は局所麻酔(腰椎麻酔・下半身のみ効く麻酔)か全身麻酔があり、私のような場合は局所麻酔でできると説明がありました。

  • 局所麻酔:メリットは、麻酔時間が短く費用が安い。デメリットは、意識があるので怖い。
  • 全身麻酔:メリットは、意識がないので怖くない。デメリットは、差し歯や抜けやすい歯が折れる可能性あり、心臓や肺に病気があると受けられない可能性がある。

手術のための書類

  1. 入院申込書
  2. 入院規則の同意書
  3. 身元引受書兼診療費等支払保証書
  4. 手術の説明と同意書
  5. 麻酔の同意書

3番目の書類は、身元引受と支払の連帯保証人2名を記入する必要がありました。いずれこれらの人がいなくなる可能性がある私は、老後病気したらどうするのだろう。病院とは無縁の健康でいる必要があるなと思いました。

手術前の検査

局所麻酔の場合に受ける検査は3つでした。

  1. 肺のエックス線
  2. 血液検査
  3. 心電図

検査後の診察時、全身麻酔でもできると説明がありました。局所麻酔だと手術の様子がわかるので良いかなとも思いましたが、やはり怖いので全身麻酔に変更しました。ただし追加の検査があるので、入院当日は午後入院から午前中入院に変更になりました。

手術前

追加の検査がありました。

  1. 呼吸の検査
  2. 麻酔の説明
    骨折したときにボルトを入れた手術は、全身麻酔でした。その他内科系の手術で全身麻酔をしたことがあります。いずれも麻酔についての説明は詳しくありませんでした。今回は、麻酔についての説明が麻酔科の医師からあり、逆に怖くなりました。

手術前の足首を撮影しておきました。わかりづらいですが、右足のくるぶしの方が出っ張っています。

手術前

手術3時間前に、手術用の服とサージカルストッキングを履きました。このストッキングは、むくみや血液のたまりを予防する目的です。骨折したとき、ボルトを入れる手術の時は、このストッキングはありませんでした。

手術前

手術3時間前に水分補給の点滴(乳酸ナトリウムリンゲル液)がはじまり、途中から抗生剤の点滴(セファゾリンナトリウム)が追加されました。

点滴

抜釘手術から術後

手術室までは自分で歩いて行ったので、手術室前や手術室の様子がよく見れました。

手術

  • 手術室手前:頭にかぶるキャップをかぶる
  • 手術室に入る前:名前・生年月日・手術する箇所を聞かれた
  • 手術室:自分で手術代へ

麻酔する前に何をこれからするのかについて説明がありました。今までそんな説明なかったので、初めて知ったことばかり。

  1. 血圧計や心電図のモニターを貼りつけられる
  2. 全身麻酔中は呼吸が止まるため、酸素マスクをつけられる
  3. 点滴に麻酔前のなんだか(忘れた)を入れられ、痺れたか聞かれたが変化なし
  4. 点滴に麻酔を入れられる

麻酔が効くまでは数秒で意識がなくなりました。

手術後

手術後に手術室で名前を呼ばれ起きます。これは今までの手術も同じ。今回は何かの夢を見ていて、夢の途中に起こさないでよ、と思ったことを覚えています。

手術前と手術が終わった後に、手術室の時計を見ていました。手術は1時間くらいと説明がありましたが、実際は2時間弱でした。

抜いたボルトです。一番長いボルトが5.5cmです。帰宅後にきづいたのですが、丸いのが1個入っていたけれど、もしかしたら体内にあと2個残っているのだろうか。

抜いたボルト

手術後の足は包帯でグルグル巻きですが、痛みはほとんどありませんでした。これはむくまないようにするためだったそう。

手術後

手術後の痛みがあまりなかったのは良かったのですが、ひどい吐き気と頭痛が2日続きました。その他、手術後は38度近くまで熱が出ました。コロナワクチンの時ですら熱が出なかったのに。

一番ほしいものは健康だなと再度思いました。

病院食で気づいた普段の食べ過ぎ

病院で出た食事です。

1日目・昼

1日目・夜

2日目の手術は朝から絶食でした。午前中の手術で夜は食事が出たのですが、吐き気でほぼ食べられず。3日目もほぼ食べられず。

2日目・夜

3日目・朝

3日目・昼

3日目・夜

最後の病院食です。

4日目・朝

今年の初めに糖尿病の判断基準の検査のひとつ「ヘモグロビンA1C」の値が高く、食事を変えたら3週間で5kg弱減ってしまいました。

どんな食事かは、糖質をできる限り減らし、野菜、肉、魚を食べるようにして、血糖値が上がらない食べ方をしていました。食べるのをやめたものは、小麦粉と精製された砂糖、ジュース類等。

腹八分目が良いと言いますが、ますます体重は落ちていくので、糖質以外の食べる量を増やしました。腹いっぱい食べ、満足ではなく苦痛。そして口周りの吹き出物が増え、明らかに胃に悪いと自覚あり。

そして先日受けた健康診断で、「ヘモグロビンA1C」の値がさらに悪くなっている上に、腎臓や膵臓の検査結果も悪くなってしまいました。腎臓に関しては要精密検査で、紹介状あり。

好きだったパン・お菓子・ケーキ・和菓子をやめたのに、数値が悪くなっているって一体どうすればよいのだ!と困っています。

病院の食事をみて思ったのは、私は明らかに普段食べすぎ。

それでも体重が減りすぎのまま戻りません。

退院後

病院を10時すぎに出れたので、そのまま糖尿病と腎臓関連をみてくれる病院へ。

入院していた病院にも糖尿病と腎臓を診てくれる科はあるけれど、曜日が限られている上、予約が取りにくいのであきらめました。

まだ歩きにくいし、あまり負担をかけないよう注意されていたので、普段乗ることのないタクシー使うことにしました。

糖尿病と腎臓内科の病院でしたが、腎臓についてはその病院の近くの病院を紹介されました。平日に休みずらいので、そのまま紹介された病院へ。糖尿病については、ちょっと手間のかかる検査をすることになりました。

今日はやたらとヘリコプターが飛んでいるな、と思っていたら近くで事件が起きていました。

-バイク