バイク

夏のバイク用バックパック・荷物はあまり入らないが背中が涼しい

K-3587 BACK PACK

夏のツーリングではクシタニのバックパックが役立ってます。

背中部分が体に密着しない構造になっているので、暑い夏でも背中が暑くないです。

 

背中に熱がこもらない構造のバックパック

サイズは約17L、背負った状態だと大きいです。

背負った状態

背中部分が浮く構造になっているので、荷物はそれほどたくさん入りません。

バックパックの後ろ

背負った状態で横から見ると隙間があります。

横から

クシタニのバックパックのポケット

  • ファスナー付きのポケットは5つあります。写真の赤い数字1~4です。
  • 両側にファスナーなしのポケットが2つあります。 写真の黄色の数字5~6です。
バックパックのポケット

ファスナー付きポケット1

鍵をいれるのにちょうど良いです。

前側上

ファスナー付きポケット2

雨用のカバーが入っていました。

後ろ側

ファスナー付きポケット3

バックパックの内側に物をいれていて、ちょっと撮りたいときに便利なファスナー。

内側へのポケット

ファスナー付きポケット4

右側には飲み物を入れることも可能です。

右側

お茶

お茶を入れてしめた

このようなポケットがないバックパックを使っているとき、水筒をバックアップ内に入れて飲み物が漏れてしまい、水浸しになったことがあります。外側のポケットは嬉しいです。

-バイク
-

© 2021 バイクOBA3