バイク

バンディット1250Fのカウル交換、決して立ちごけじゃありません

バンディット1250Fカウル交換

先週の愛媛ツーリン帰りによったローソンで、白猫快速さんのバンディットのカウルが傷つきました。

 

バンディッドのカウルが傷ついた原因

場所は右側の下あたり、ほんのちょっと。

バンディット1250Fカウル交換駐車場にのぼりの土台だけがあり、バイクの近くにあったことに気付かずに発進した直後、ガリっと音がしました。

傷はそれほど目立たないです。

拡大すると・・・

バンディット1250Fカウル交換これだけ。

確かに自分のバイクだったらショックだろう。私のバイクだったら、ペイントしてしばらくこのままするだろう。

カウルを自分で交換する

過去にカウルを傷つけて、カウルをお店で交換してもらったら5万円弱かかりました。

自分で交換すると、このパーツ代約2万円ちょいですみます。交換は30分もあればできるので自分で交換した方がお得

購入したカウル

カウルが傷ついてから数日後に、大きな段ボールが届きました。

バンディット1250Fカウル交換

傷ついたのは、アンダカウリングの右です。バンディット1250F ABS・2011年のパーツカタログで型番を調べました。

スズキパーツカタログ・94471-18H00-YBD

アンダカウリング

スズキ・パーツリスト

 

ウェビック(ショッピングの純正部品)で購入しました。

  • 品番:94471-18H00-YBD

品番の最後の「YBD」はカラー「白」です。

ウェビック品番:94471-18H00-YBD

2020年6月現在、ウェビックで検索したところ、みつかりませんでした。モノタロウで検索したらありました。

カウルを自分で交換する

外側のリベットは赤丸の箇所の5つです。内側にプッシュリベットが3つあります。

バンディット1250Fカウル交換リベットの大きさが違うのでどの部分のものか覚えておかなないと取り付け時に困ります。

カウルは交換する側だけ外せばOK!

外すとき、1人だと大変かなと思うのは赤丸の部分。

バンディット1250Fカウル交換ウインカー(ターンシグナルランプ)の接続部分を外すのはひとりだとちょっとやりにくいなと感じました。

 

左が新しいカウル。右は古いカウル。

バンディット1250Fカウル交換ところでこの古いカウル、オークションで売れるらしい。

自分でペイントして使う人がいるとか。もったいないので、再利用してくれる人がいるのは良いことだ。

その後・・・

結局この傷ついたカウルは、引越し前にバラバラにしてゴミ出ししました。

もったいない。

 

-バイク
-

© 2020 バイクOBA3