バイク

東京(埼玉)から大阪までのバイク輸送(陸送)は早すぎた

東京から奈良への引越しで、バイクは前回と同じく輸送しました。

前回は香川から柏(千葉)で2週間くらいでした。その前の川崎から香川への輸送も2週間くらいでした。

香川から東京へバイク輸送

輸送でかかった費用

  • バンディット1250F:19,030
  • MT07:17,930

このほかに、デポまでの交通費が1,800円くらいかかりました。

戸田デポへバイクを持ち込み

香川から東京へバイクを運んだ時、住んでいた北区の位置をよくわかっていなかったため、柏(千葉)デポへ輸送しました。柏デポから住んでいた北区の住居の距離は46km。

北区で生活しはじめしばらくしてから、実は戸田(埼玉)デポが近かったと気づきました。距離はたったの10kmでした。

関東から関西は早い

今回は戸田デポにしました。

問い合わせたところ、1週間~10日かかるとのことだったので、引越しの6日前に持ち込みました。

引越し後しばらくしてから取りに行ける、と考えていたら引越し前にデポから電話がありました。たったの5日で大阪に着いてしまいました。

利用した輸送会社は7営業日なら無償で預かってくれるけど、8営業日目から1営業日当たり500円(税別)の保管料金がかかります。

デポへ持込

自宅からデポまでは30分くらいで到着しました。

バイク輸送会社バイク持ち込み

歩いて駅へ

到着してから、料金を支払いまで1時間近くかかりました。何に時間がかかったかというと、預ける前のどこに傷があるとかのバイクチェックです。

デポから最寄り駅まではバスがありますが、本数が少ないので歩いて駅まで行くことにしました。

コンビニで休憩

JR埼京線

JR埼京線

帰宅。自宅敷地内にあった桜は満開でした。

疲れたのでこの日は十条駅前にあるラーメン屋で夕食にしました。

はじめて入ったラーメン屋さん。もう行くことはない。

堺デポ(大阪)でバイクを受け取り後ナンバー変更

バイクを取りに行った後、そのまま陸運局へ行きナンバー変更をしてきました。持って行ったものは、車検証の原本と住民票です。

堺デポでバイクを受取

朝7時過ぎに自宅を出発し、堺デポに到着したのは9時45分でした。

電車だと遠い。

ちょうど通勤時間帯の電車に乗りました。奈良駅からは座れたので、西日本は電車が混まないんだな、と思っていたら違いました。大阪へ向かうにつれ、どんどん人が乗ってきました。

乗り換えで天王寺駅構内を歩いて驚き。

人が多い。

東京と変わらないじゃないか。奈良は仕事がかなり少ないので大阪で働こうかな、と考えていたけど無理そう。

JR阪和線のどっかの駅で、面白いベンチを発見。コロナだからこのような配置にしているのだろうか。

JR西日本

9時10分くらいに津久野駅に到着しました。ここからデポは遠いので、バス利用ですがバスの本数は1時間に2本でした。

JR津久野駅

JR西日本阪和線・津久野駅

津久野駅前のバス停

デポは10時からなので、近くで15分待っていました。

この後、奈良の陸運局へ。

前回はデポから陸運局へ向かう途中でバイクが壊れたので、ちょっとドキドキでした。今回はバイクは無事でした。

大阪から奈良に入ったあたりの道で、久しぶりのツーリングだ~!!という気分になりました。自宅を出てすぐに素敵な景色があるなんて贅沢だ。

ナンバー変更

運輸局に到着したのは、11時40分頃でした。

奈良の陸運局
近畿運輸局奈良運輸支局

お昼休みがあるはずなので、確認しに行ったら11時45分~13時まで休みでした。陸運局はどこも一緒だろうけど、周辺に何もない。一番近くのコンビニへ行き、外でお昼ごはんにしました。

コンビニの駐車場

お昼ごはん

私が最後にナンバー変更をしたのは5年前。どういう順番だったか、そんなに前のこと覚えていません。

変更手順

  1. 変更前のナンバー返却
  2. 車検証と住民票添付で書類提出
  3. 新しい車検証を見せて新しいナンバープレート購入

12時半に陸運局へ戻り、ナンバープレート外し。

近畿運輸局奈良運輸支局

外す前

近畿運輸局奈良運輸支局

ナンバープレートを外しているところ

手数料納付書にナンバーと名前を記入し、ナンバーを返却しました。

手数料納付書

住所変更の場合、記載か所はそんなにありません。住所の書き方がちょっと変わってます。

申請書

この他に、「軽自動車申告書」を記入しました。

軽自動車申告書

この後は、番号札のついているクリアファイルに書類を入れ、番号札をとって待つ。

という順番でしたが、手続きの流れを知らず、13時まで窓口に人が来るのを待っていました。13時に書類を提出し、新しいナンバーを取り付けるまで45分かかりました。

陸運局の窓口の多くの人は、ピリピリ(イライラ)していました。忙しいからなのか、理由は知りません。

派遣で働こうかと考えていたのですが、あまりにも仕事がなさすぎるので、先日ハローワークへ行ってきました。そして見つけたのは、陸運局の求人!働きたくない。

-バイク

© 2021 バイクOBA3