バイク

バイクの運転が下手なのはセンスがないからもうやめたら?

投稿日:2017-08-22 更新日:

バイクの運転にはセンスが必要。

センスは持って生まれたものだから、下手ならもうバイクおりなよ。

と、私は数名のライダーから言われたことがあります。

ライダー仲間を探しても、運転が下手だとわかると音信不通になっていく人々・・・

それでも私はバイクに乗り続けています。

バイクの運転が上手くなりたい人が読んでも何にも役に立たない記事です。

 

バイクの運転が下手から(少しだけ)マシになった

バイクの免許を取った20数年前、運転が下手だったのかというと覚えてません。今思うのは下手だったけれどいつもひとりだったから、誰かに下手だと指摘されたことがなかった。そして下手だということすら気づかなかったのでしょう。

バイクの運転が超下手になった、というか下手だと自覚した出来事

2年前の事故後がきっかけ。

事故はどんな感じだったか

スピードは法定速度内でカーブで転倒し、バイクは廃車。

左のバイクは廃車になったバイク

ST250事故後、救急車で運ばれ処置後に一度は帰宅しました。2日後に足に異変を感じ、近くの病院へ行ったら大学病院へまわされ即入院。約2週間入院している間は、トイレすら看護師さんを呼ばないといけない状態でした。歩くどころか立つことすらできませんでした。退院後はしばらく松葉杖生活で、その後約8か月ほど通院しました。

 

廃車になったバイクでの最後のツーリングは最高の天気でした。

 

2016年春に中古のグラトラ購入

1年ちょい前に今のバイクを買い、はじめの頃はなんでもない道が怖すぎました。特に事故の時と同じような「カーブ」。例えば50km制限の道路でカーブがあると20~30km走行とかしてました。カーブを走ってると、事故時の映像が蘇ってしまって何とも言えない恐怖でした。

誰かと一緒に走るのはとっくに諦め、私は自分の行きたいところへ自由に気ままにツーリングしてました。ひとりでのバイク旅って慣れるとかなり楽しいです。

2週間くらい前、久しぶりに白猫快速さんと徳島温泉ツーリングしたのですが、現地解散することなく一緒に帰宅できました。白猫快速さんにおいて行かれることはかなり減り、なんとかついていけたのです。

※現地解散とは。私の運転下手すぎなため、現地集合し現地解散がお決まりパターンになっていました。

カーブが怖くなくなってきたとき(少しだけ・・・)

バイクお遍路で徳島を走ってたときから、だんだん怖くなくなってきました。時期は今年の5月頃。

徳島県大丈夫かもしれない、と感じられるようになったのは、日和佐道路と土佐浜街道・国道55号線を走ってから。その後、高知お遍路で走った、高松・高知間の道、国道32号線で、ほぼ怖いと感じなくなりました。とは言え、見通しの悪いカーブの場合はヒヤッとすることはまだまだあります。

→ バイクでお遍路、ようやく徳島が終わって思うこと

 

バイクの運転が下手すぎてアドバイスされてもチンプンカンプン

下手すぎる状態で、運転がうますぎる人のアドバイスを聞いても内容が高度すぎて理解できませんでした。いや、今でもわからないことだらけ。全く聞いていなかったわけではなく、時間が経ってから過去に言われた言葉を理解できたりしてます。

運転のうまい人から受けるアドバイスで多いのは、

  • カーブを走る時は視線を意識する。
  • 重心の位置を変える。
  • うまい人のライン取りを真似しろ。

特に一番最後の「ライン取り」はわかりません。それは、うまい人が自分の前をついて行けるスピードで走っちゃいないから。

徳島・吉野川

 

バイクの運転はセンスが必要!という人は多いです。私はセンスはないのでしょう。いや、センスないです。それでもバイクが好きで乗っていれば、上達はするのかもしれない。と思って乗っています。

誰の役にも立ちそうにない記事で失礼しました。

2018年5月追記

久しぶりに都内でバイクに乗って気づいたことがあります。都内でスピードは基本的に出せません。理由は混んでいるから。時々、環七や環八で多少空いているときもあるけれど、スピードを出している人ってほとんどいません。白バイがやたらと多いからだと思う。スピード出てない状態でのカーブは怖いわけがない。その代わり、混んでいてトロトロ運転で前の車に接触しないか気を使ったり、障害物(路上駐車など)が多かったり、歩行者や自転車が多くて非常に怖いです。

20代の頃にバイクに乗っていたのは通勤用でツーリングらしきことは経験なし。なのでカーブが怖いとか下手だとか気づかなかっただけだったのでしょう。

郊外での運転はというと、やっぱり下手です。特に右カーブが。右カーブのライン取りは中央によりすぎているから怖いのだろう。と頭ではわかっているけれど、なかなかうまくできません。永遠に下手なのかもしれません。

 

-バイク

Copyright© バイクOBA3 , 2018 All Rights Reserved.