バイク

バイクの運転が下手なのはセンスがないからもうやめたら?

投稿日:2017-08-22 更新日:

バイクの運転にはセンスが必要。

「センスは持って生まれたものだから、下手ならもうバイクおりなよ。」と、私は数名のライダーから言われたことがあります。

そのように言ってきた方たちとは、その後連絡をするのをやめ、1年くらいの間はソロツーを楽しんでいました。

 

バイクの運転が下手でも乗っていたら運転が上達するのか

最初にこの記事を載せたのは2017年の春。その頃はにカーブが苦手でした。

記事を更新している今は2019年で、今はカーブ走行は楽しいです。最初から運転の才能がある人は、下手な人がどうして下手なのかということは理解不可能なのでしょう。そして下手くそは一生下手くそだと思っているようですが、中高年でも努力すれば上達することもあります。

運転が下手ならバイクに乗るな

運転がうまい人からは、バイクに乗るのは迷惑だからやめろ等いろいろと言われました。

そう思う人の気持ちはわからないわけではありません。

下手な奴が公道走ってたら、迷惑ですから。前方でコケたりでもしたら、事故に巻き込んでしまうでしょう。

その辺は十分注意し、後方から車など来たときはウインカーを出して左端によけていました。そもそも、住んでいた四国は関東に比べると交通量が少なめでした。その少なめな中でも、さらに交通量の少ない場所を走っていました。

そのころのバイクにハザードランプはなかった。

教習所なら誰でも免許を取れるから、(私みたいな)下手くそが混じると言う方がいましたが、本当にどうしようもなく下手すぎたら免許取得までたどり着かないのでは?と思います。

下手くそライダーだった私のバイク歴

自動二輪車の免許を取った20数年前。

10代の頃は兄のバイクを借りて乗ることもありました。その後、20代前半にアメリカンのバイクに乗っていましたが、通勤用でした。東京の街中走行しかしていなかったため、運転が怖いと思ったことはありません。

その後バイクはやめ長年ぺーバーライダーでした。

2015年の春に久しぶりにバイクに乗り、その年の夏に事故りました。バイクは廃車。そのころ不眠症だったのも事故の原因でした。

バイクでの怪我がほぼ治った2016年春に中古のグラトラを買い、はじめの頃はなんでもない道が怖すぎました。特に事故の時と同じような「カーブ」。カーブを走ってると、事故時の映像が蘇ってしまって何とも言えない恐怖でした。

カーブが怖くなくなってきたとき

ソロツーをするようになってから、1年くらい経ったころから、だんだん怖くなくなってきました。距離にして、1万キロ走ったくらいでした。

徳島県時期は2017年5月頃。

その後も、バイクお遍路で一人で走り続けた結果、怖さがなくなりました。

バイクの運転が下手すぎるとアドバイスの意味がわからない

下手すぎる状態で、運転がうますぎる人のアドバイスを聞いても内容が高度すぎて理解できませんでした。しかし時間が経ってから過去に言われた言葉を理解できたりしてます。

運転のうまい人から受けるアドバイスで多いこと

  • 視線を意識する。
  • 重心の位置を変える。
  • うまい人のライン取りを真似しろ。

徳島・吉野川のすぐそば

これらは、後になってから理解できることでした。

ライディングスクールって効果あるの?

運転がうまくなりたくて、ライディングスクールに何度か参加してみたけれど、劇的な変化はありませんでした。

しかし運転がまともにできるようになってから理解できる内容でした。

何事も無駄はないんだなって思います。教わったことはいくつもの「点」で、時間とともにその「点」がつながったって感じです。

センスがないって言われていた私でも運転が上達した

センスがないとダメだと散々言われましたが、努力すればマトモに運転できるようになります。ワイディングも楽しめます。

上手くなる方法

事故後にまたバイクに乗ってからは、しばらくバイクの運転が怖い!と感じてました。

怖くなくなるには何が必要だったのか?

  • バイクにたくさん乗って慣れる。
  • たまには誰かと一緒に走って、ダメな所を教えてもらう。

パートナーが優しいと上達するチャンスが少なくなるかもしれない

私のように一緒に走る相手がいる場合、その相手が優し過ぎると上達するのが遅くなる、と思うことがあります。

私の場合はというと。

身近にいるライダーの白猫快速さんはめちゃくちゃ厳しいです。運転が下手くそすぎても、優しいアドバイスはなし。稀に私が白猫快速さんの前を走ることがあるのですが、インカムからはよくあるモトブログのような楽しい会話・・・

ではなく、鬼のような教習です。運転が遅ければ、待たずに先に行ってしまいます。この環境のおかげで、自分で何とかしなきゃとやってきました。その後、少しはマトモに走れるようになった頃から、私は白猫快速さんの前を走るようになりました。楽しいツーリング、ではなく厳しい特訓でした。おかげで今はまともに運転できてます。

カーブが怖い!は克服可能

いろんなバイクの動画をみていて、カーブが怖いと言っている方をちょくちょく見かけます。もしかしたらバイクの運転の仕方が間違っているかも。

  • カーブ前の直線走行時、どうやってスピードを落としているか?
  • コーナリング中にスピードが出過ぎていた場合、リアブレーキ使ってる?
    フロントブレーキは危険!
  • コーナリング中のギアは高すぎてないか?
  • 体重をバイクの前側にかけてないか?
    私は緊張するとつい前の方へ体が移動してしまってました。
  • カーブ時にハンドルで操作してないか?
    体重移動だけで曲がれます。
  • カーブ走行時にスロットル調整している?
    私は怖くてスロットルを閉じてました。

参考:カーブについての記事

→ コーナリングが怖い理由の記事

 

-バイク

Copyright© バイクOBA3 , 2019 All Rights Reserved.