バイク

ビーコム(B+COM・SB5X)のアンテナ修理とバッテリー交換

投稿日:2019-02-03 更新日:

ビーコム(B+COM)のアンテナが折れました。

新しいインカムを購入しようと検討しました。別のメーカーにした場合、また一から覚えなきゃいけないので嫌だな。となるとまた同じビーコム。最新はB+COM(ビーコム) SB6X。シングルの価格は、約3万8千円。安くはないです。

とりあえず修理に出してみることにしました。

SYGNHOUSE B+COM SB5Xのアンテナ修理とバッテリー交換

修理に出したインカムは、「SYGNHOUSE(サインハウス)B+COM SB5X」です。

 

修理に出す前のインカム

SYGNHOUSE・B+COM SB5X・アンテナ折れアンテナが折れていました。

インカムは使用可能でした。破損部分から水が入ったりしたら問題だろうから、すぐに使用するのはやめました。

 

修理依頼

修理に出す前に、修理費を知りたかったのでSYGNHOUSEの「お問い合わせ受付」から質問しました。

翌日の午前中には回答あり。早い。

修理費用

アンテナパーツのみ交換

3,132(税込)

内訳:修理費用2,200円、返却送料700円

アンテナパーツとバッテリー交換

4,968(税込)

内訳:修理費用3,900円、返却送料700円

 

意外に安いので、修理依頼することにしました。

 

修理依頼方法

  1. オンライン修理受付から依頼する。
    サインハウスのサイト → SUPPORT → 修理のご依頼 → オンライン修理受付
  2. 修理依頼票を印刷する。
    「sygnhouse B+COM SB5Xの修理依頼」というタイトルのメールが届く。
  3. サインハウスにインカムを送る。
    送料は自己負担。

インカムの状態

修理依頼するときに、「修理代が税込6,000円以下の場合は見積連絡なしで修理する」にしていました。修理代は6千円を超えていたので、電話とメールの連絡があり、詳しく状態を説明してくれました。

破損部分

アンテナパーツ、ボトムケースのアンテナ支柱部品

内部分解検査結果

内部電池が大きく劣化し、やや膨張している状態。

内部電池交換修理もしてもらうことにしました。

修理完了

修理依頼から、ビーコム返送まで1週間でした。

修理費用

6,696

修理費用、5,500円、返送料金700円

SYGNHOUSE・B+COM SB5X・アンテナ折れ修理丁寧に梱包されていました。

 

SYGNHOUSE・B+COM SB5X修理後

SYGNHOUSE・B+COM SB5X・アンテナ折れ

登録情報はリセットされていました。再度ペアリングの実施が必要です。

 

なぜアンテナが折れたのか

MT-07のヘルメットフォルダーが使いづらいので、買い物するときにヘルメットを手で持っていました。

→ ヘルメットフォルダーの位置の記事

店内で商品を見ていたら、おじさんが勢いよくぶつかってきました。

その時の衝撃で、ビーコムが壊れました。

ヘルメットを持ったまま、買い物などするならインカムは外しておかないと危険。いや、ヘルメット自体を持って買い物はしない方が良い。

 

その後、アマゾンから自宅に届いたもの。

バイクヘルメットワイヤーロックヘルメットロックワイヤー。

白猫快速さんが知らぬ間に購入していました。

 

大分楽になりました。

バイクヘルメットワイヤーロック

楽になったけれど、インカムは基本取り外しています。特に盗難にあいそうな場所の場合。

 

-バイク

Copyright© バイクOBA3 , 2019 All Rights Reserved.