内定から入社日までの流れ | 転職エージェントや派遣会社での手続き

内定がきまった後、新しい職場でのスタートに向けての準備が始まります。転職エージェントや派遣会社を利用する場合、さまざまな手続きが待っています。

この記事では、内定から入社日までの流れと、転職エージェントや派遣会社での具体的な手続きについて詳しくご紹介します。新たなキャリアへの一歩を踏み出すために必要な情報をまとめましたので、是非参考にしてください。

目次

派遣会社で仕事をきめた場合

派遣スタッフとして仕事をする場合、複数の派遣会社を利用して仕事を探すことがあります。また、同時に複数の仕事が決まった場合にはどうするかも考慮する必要があります。

顔合わせから仕事が決まるまで

派遣スタッフは通常、顔合わせ(職場見学)を行います。

派遣の面接は原則禁止のため、顔合わせという形を取り入れていることがほとんどです。全く顔合わせがなく、決まったこともあります。

顔合わせ後は、派遣会社の営業担当者が派遣先と話を進めるため、自分だけが帰ることが多いです。その日のうちに派遣会社から連絡があることがほとんどです。すぐに働けることもありますし、数日待つ必要がある場合もあります。私の経験では、最長で2週間待ったことがありました。この待ち時間は、本社の社長との確認が長引いたためでした。また、PCの設定等の処理で1週間程度待つこともあります。

同時に仕事が決まった場合

複数の仕事にエントリーすることは可能ですが、派遣会社によっては他での仕事探しをストップするよう要求されることもあります。同時に複数の仕事が決まった場合には、どちらかを選ぶか、両方の派遣会社に連絡して少し待ってもらうこともできます。

契約書

契約書の手続きは派遣会社によって異なります。仕事が決まった後、契約書はウェブ上で提供されたり、郵送されたりします。仕事開始日までに間に合わないこともあるので注意が必要です。

仕事開始

仕事の開始初日には、通常、派遣会社の営業担当者が同行してくれますが、担当者の都合で一人で行くこともあります。同行といっても、勤務先の部署に一緒に行くだけであり、一人で行っても問題ないと私は思っています。

転職エージェントで仕事を決めた場合

合格

転職エージェントで転職活動をしてる場合は、応募後に書類選考で通過すると企業との面談があり、いよいよ結果を待ちます。

合否の結果にかかる時間

合否の結果は企業によって異なる場合があります。経験によれば、中には応募の翌日に不合格の連絡があったケースもあります。一般的には企業は複数の応募者を対応するため、合否の結果には時間がかかることが一般的です。多くの企業では、面接から数日から1週間程度の時間を要する場合があります。

私が過去に勤務していた会社では、新しい社員を採用する際に転職エージェントを利用することがありました。面接では、複数の候補者との面接が行われ、時には2回や3回の面接を実施して、候補者の適性や経験を評価していました。このような状況のため、結果までには時間がかかることが多かったです。

メールや電話で通知が届く

転職エージェントを通じて内定が確定した後は、キャリアアドバイザーから内定通知が届きます。一般的には、メールや電話で通知が行われます。また、メールの送信後にキャリアアドバイザーから「内容を確認して欲しい」といった電話連絡がある場合もあります。まず電話で内定通知が行われた後に、その後にメールが送られてくるケースもあります。

内定後の手続き

内定通知を受けた後は、「内定通知書」または「労働条件通知書」を確認します。

入社する意思があるかないかを伝える必要があります。企業によって内定承諾や辞退の回答期限は異なりますが、通常は1週間程度の期限が設けられることが多いです。

回答期限を守ることは非常に重要であり、期限を過ぎてからの回答は内定者としての印象を損ねる可能性があります。もし何らかの事情がある場合は、担当のキャリアアドバイザーに早めに連絡し、その旨を伝えることで期限の延長を依頼することもできます。

入社を決めた場合は、転職エージェントを通じて、企業からの内定通知書を受け取ります。トラブルにならないように、記載事項をよく確認しましょう。その後、雇用契約を締結します。

現職の退職手続き

もし転職活動中に現職で働いている場合は、退職手続きを進める必要があります。

私の経験では、内定を受けた後に退職意思を伝え、入社日までに2か月待ってもらうケースがありました。転職活動に関することは内定が出るまで他の人にも、退職する会社にも一切言っていませんでした。

入社と入社後

転職エージェントを通じて入社した場合、それだけで終わりではなく、入社後もフォローアップが行われます。

また、実際に働いてみて合わないと感じる場合、退職する人もいます。

先に述べた「合否の結果にかかる時間」についても触れていますが、私が以前勤めていた企業では、転職エージェントを通じて社員を採用することが頻繁にありました。試用期間中に退職する人も時折いました。私は経理の担当であったため、転職エージェントへの報酬処理も担当することがありました。退職する場合、早ければ早いほど転職エージェントへの返金額が多くなります。このような事情も考慮して、転職エージェントの利用を検討することをおすすめします。

参考サイト

転職エージェントでの仕事を決めた場合に役立つサイトです。

サイト名等タイトル等
リクルートエージェント内定
doda内定後の流れ
参考サイト

転職サイトなどで仕事を決めた場合

おめでとう

転職サイトなどを利用して仕事を見つけた場合、エージェントや仲介者がいないため、自分自身で勤務先との手続きを進める必要があります。

内定からの手続き

内定の連絡は、直接勤務先となる企業から電話やメールで届くことがあります。

特に私の経験では、小さな会社の場合、内定通知書が存在しないこともありました。

転職サイトなどで仕事を見つけた場合、連絡手段や内定通知の形式には個別の会社ごとに異なる可能性があるため、注意が必要です。

入社まで

現職の退職手続きについては、転職エージェントを利用した場合と同じく、自分で進めていきます。入社日をいつにするかについても、自分で勤務先となる企業と相談して進めます。

まとめ

転職エージェントや派遣会社、転職サイトなどを利用して仕事を見つける場合、内定から入社までの流れは多岐にわたります。

派遣会社では顔合わせから仕事が決まるまでの手続きが行われ、転職エージェントでは合否の結果をメールや電話で通知され、内定後の手続きや現職の退職手続きが必要となります。転職サイトでは内定後の手続きを自身で進める必要があります。

それぞれの方法で仕事を決める際には、手続きや期限をしっかりと把握し、スムーズな移行を図ることが重要です。また、入社後のフォローや調整も留意しておくことで、円滑な職場移動を実現できます。

目次