PC関連

【複式簿記】エクセルで作る家計簿~どんなものか説明~簿記とエクセルの知識があればできる

投稿日:2017-04-14 更新日:

複式簿記で家計簿をつける方法はいくつも試したことがありますが、どれも続きませんでした。

現在の方法は、今までの中で一番楽。

集計も楽。

ここで説明する方法は、日商簿記3級レベルがわかる、もしくは経理職の経験があるなら理解できる内容です。

 

貸借それぞれ一行ずつ複式簿記で家計簿

ある会計システムのデータ構造をもとにした家計簿です。複式簿記だけど、借方と貸方のそれぞれを1行ずつ入力します。

一行ずつ複式簿記でできること

現在私が使ってる複式簿記の家計簿は、エクセルで入力してますが複雑な計算式はありません。

この方法でできること

  1. 仕訳入力は楽だし、集計も楽。
  2. 資産と負債の残高がわかる。
  3. クレジットカード払いの管理が楽。
  4. 1年払いの支払い分を蓄えておく管理が楽。

3と4を実現するには、ここでの説明を発展させた方法です。

参考 → エクセルの複式簿記でクレジットカードの管理をする記事

 

一行ずつ複式簿記で家計簿の仕訳例

八百屋さんで100円の野菜を現金で買った仕訳例

よくある複式簿記での仕訳

複式簿記の仕訳

 

一行ずつ複式簿記の仕訳

エクセルで複式簿記の家計簿

 

ルールは簡単、借方はプラスで貸方はマイナス。

  • 1行目:借方、金額はプラス
  • 2行目:貸方、金額はマイナス

 

一行ずつ複式簿記で家計簿の初期設定~1か月の流れ

ごちゃごちゃといろんな科目や仕訳があるとわかりづらいので、必要最小限の内容での説明です。

 

シートの設定と科目残高設定

最初にシートの設定をします。

使うシートは3つ

  • 仕訳
  • 集計
  • 科目

シート名は好きな名前に設定してOK

シート「科目」

わかりやすくするために、最低限の科目だけです。 

エクセルで家計簿・科目

※元入金は会社の場合 → 資本金

参考 → 実用可能な科目の例の記事

 

シート「仕訳」

はじめに科目残高の仕訳を入力します。

例:持参金は1,000円、未払金は500円、通常の複式簿記の仕訳 ↓

複式簿記・科目残高

 

(1)これを1行ずつ仕訳で入力します。画像の2行目~4行目。

ルールをもう一度載せます。

  • 借方、金額はプラス
  • 貸方、金額はマイナス

エクセルで複式簿記の家計簿・開始残高

 

(2)仕訳入力後は貸借が合っている確認します。

エクエル複式簿記・開始残高

金額を選択して、ステータスバー(画面右下)の合計が0になってればOK。

ステータスバーに合計が表示されていない場合は、ステータスバーを右クリックして合計にチェックを入れます。

エクセル・合計金額確認

 

シート「集計」

集計は一度設定すれば簡単です。

  • 試算表はピボットテーブルで集計します。
    一度設定すれば、仕訳入力後に更新するだけ。
  • BSとPLは試算表のデータを使って計算式を設定します。
    設定後は何もする必要はありません。

複式簿記・エクセルで集計

  • 仕訳が合ってれば、試算表の総計は0(-)で表示されます。
  • 試算表の金額は、借方がプラスで貸方がマイナスで表示されます。例えば、1月の収入は「-1,000」→ 1,000円です。

元帳はシート「仕訳」で実現できます。注意点は、開始残高と次月に繰り越す仕訳を除外すること。

1か月の仕訳入力例

科目はVLOOKUP関数を設定します。

複式簿記・1か月の仕訳例

 

集計

シート「集計の」試算表エリアを右クリックし「更新」をクリックして終了。

エクセル簿記・集計

  • セルC2に見たい月の数字を入力する → 自動でBSの計算結果が表示される。
  • セルC8に見たい月の数字を入力する → 自動でPL計算結果が表示される。
  • BSとPLの利益は自動で表示する。損の場合は反対側に表示される。
  • 貸借の金額があっていれば、総計(セルK10)のセルはゼロ(-or 0)で表示される。

 

BSの残高繰越の仕訳

月末残高は翌月の1日に入力します。この処理をしないと翌月のBS科目の金額が0円になります。

1)シート「集計の」BS科目の残高をコピーして、シート「仕訳」の金額へ値のみ貼り付けます。
→ 1~3行目の仕訳

2)シート「集計の」利益(損益)の金額をコピーして、シート「仕訳」の金額へ値のみ貼り付けます。
→ 4行目の仕訳

注意:BSとPLは利益をプラスで表示するように設定しています。繰越で金額をコピー&ペーストする場合、「-」をつけるのを忘れずに。

エクセルで複式簿記・残高繰越

 

3)シート「集計」の試算表のデータを更新します。

4)シート「集計」のBS とPLの月を翌月にします。

エクセルで複式簿記・繰越

 

以上が初期導入から1か月の仕訳、翌月残高繰越の流れです。

このやり方で普通に家計簿として使える科目設定をすればOK。

仕訳データをピボットテーブルで集計する時のデータ範囲選択方法はいくつかあります。

  1. 通常の方法。
  2. テーブル設定を使う方法。
  3. 名前の定義を使う方法。

この3つの方法を試した結果

私は「3」の名前の定義を利用してます。使用する項目の列全体を選択し、名前の定義設定をする方法です。列全体とは、ここでの例で「日付」、「科目番号」、「科目」、「金額」の列です。

VLOOKUPでのテーブル設定と名前定義の記事ですが、参考になるかも。

 

一行複式簿記家計簿でつまずくこと

説明では単純な科目の例ですが、科目が複雑になると入力ミス等で貸借が合わなかったりすることがあります。

また、翌月の繰越でミスして金額が合わなくなることもあるかもしれません。そのようなときに、簿記の知識とエクセルが必要になります。

 

いろいろある複式簿記の家計簿

今回説明した方法以外で、今まで使ったことのある複式簿記の家計簿の良い点と残念な点。

手書き

仕訳帳に手書きで書き、科目ごとに転記し集計する方法。

簿記の勉強中の人は、動きがわかるのでやってみる価値あり。長くやってると飽きます。

会計ソフト

エクセルでの家計簿のことを紹介していますが、一番楽なのは会計ソフトです。

一番のおすすめは、弥生会計。本来、小規模な会社で導入するソフトウェアですが、家計簿で使っても便利でわかりやすいです。

1年半くらい家計簿で使っていてお金が残りました。また使いたいと思って検討しましたが、家計簿で使うには高いソフトウェアなため諦めました。弥生会計の青色申告版は価格が安め。

これから会計ソフトを利用した仕事をしたい人は家計簿で練習するのは良いかも。個人事業主で確定申告が必要な人なら、「やよいの白色申告 オンライン」は初期費用・月額ずっと0円。

その他ソフトウェアは無料版でいくつか試したけれど、使おうと思えず終わりました。

会計ソフトのデメリットは、ソフト購入代金がかかること。バージョンアップすれば、更に出費があり。
 

マイクロソフトアクセス

アクセスの勉強をする人には良いかも。

デメリットは、Microsoft Access は安くはないです。家庭で使う場合、家計簿以外にデータベース管理するものってあるの?と考えるともったいないかも。そしてVBA(マクロ)を使うのでサクッとは作れません。

 

エクセル、普通の複式簿記仕訳版

良い点は、普通の複式簿記での入力ができること。

デメリットは、関数やピボットテーブル、VBA(マクロ)を使えばできるけど複雑。

 

最後に

今回は一行複式簿記でつくるエクセルの家計簿ってどんなものかの説明だけです。

集計→ 対応する集計方法 

自分の家の家計簿にアレンジするには、科目を増やしてみてください。

会計とエクセルがわかる方なら、この考え方をもとに自力で作れます。

 

エクセル家計簿の記事一覧へ PC関連へ

 

-PC関連

Copyright© バイクOBA3 , 2019 All Rights Reserved.