PC関連

【エクセルの関数】文字の結合と欲しい文字の取り出し

エクセルで文字の結合や文字の取り出しをする場面は、意外に多くあります。

地味に入力しなおしたりすることなく、関数を使えば簡単に終わります。

 

文字を結合する関数

複数の文字をつないで一つの文字列として表示したいときの方法はいくつかあります。

  • CONCAT関数
  • TEXTJOIN関数
  • 「&」でつなぐ
  • CONCATENATE関数

文字の結合・CONCAT関数

CONCAT(コンカット)関数は、Office 2019 または Office 365 サブスクリプションの場合に使えます。

構文

=CONCAT(文字列1,文字列2,・・・)

文字列と文字列を結合する

セルA2とセルB2の文字を結合するの式

結合する文字が隣のセルの場合は、範囲指定が楽です。

=CONCAT(A2:B2)

エクセル・文字の結合・CONCAT関数

結合する文字が離れてる場合は、「,」カンマでつなぎます。

=CONCAT(A2,C2)

エクセル・文字の結合・CONCAT関数

文字列と文字列の間に文字を入れて結合する

セルA2とセルB2の文字の間に文字を入れて結合する場合の式

文字の前後に「””」(ダブルクォーテーション)を入力します。

=CONCAT(A2,"のバイク",B2)

エクセル・文字の結合・CONCAT関数

 

文字の結合・TEXTJOIN関数

結合する文字列と文字列の間に同じ文字等を入れる場合は、TEXTJOIN関数が便利です。

この関数は、Office 2019 または Office 365 サブスクリプションの場合に使えます。

構文

=TEXTJOIN(区切り文字や記号、論理値(TureまたはFalse),文字列 1, 文字列 2,・・・)

セルA2とセルB2とセルC2を結合し、それぞれの文字の間に「/」を入れる場合の式

=TEXTJOIN("/",TRUE,A2:C2)

エクセル・TEXTJOIN関数

論理式Tureは、空白セルの場合に無視します。例えばセルB2を空白にする。

エクセル・TEXTJOIN関数

論理式Falseは、空白セルの場合も区切り文字や記号を入れます。

エクセル・TEXTJOIN関数

 

文字の結合・&

構文

=文字列1&文字列2&・・・

文字列と文字列を結合する

セルA2とセルB2の文字を結合する場合の式

=A2&B2

エクセル・文字の結合・AND

 

文字列と文字列の間に文字を入れて結合する

セルA2とセルB2の文字の間に文字を入れて結合する場合の式

文字の前後に「””」(ダブルクォーテーション)を入力します。

=A2&"のバイク"&B2

エクセル・文字の結合・AND

 

文字の結合・CONCATENATE関数

CONCATENATE(コンカティネート)関数は、Excel 2016以前のバージョンで使えます。

構文

=CONCATENATE(文字列1,文字列2,・・・)

文字列と文字列を結合する

セルA2とセルB2の文字を結合する場合の式

=CONCATENATE(A2,B2)

エクセル・文字の結合・CONCATENATE

 

文字列と文字列の間に文字を入れて結合する

セルA2とセルB2の文字の間に文字を入れて結合する場合の式

文字の前後に「””」(ダブルクォーテーション)を入力します。

=CONCATENATE(A2,"のバイク",B2)

エクセル・文字の結合・CONCATENATE

 

欲しい文字を取り出す関数

エクセルで必要な文字のみ取り出したい場面は多いです。

基本を覚えると、少し難しそうな場合でも簡単に関数を組み立てることができるようになります。

完成形・必要な文字のみ残したい

最終的にやりたい例です。

C列の金額から「円」を取り除いて数字のみにしたい。

使う関数は、LEN関数とMID関数です。

=MID(C3,1,LEN(C3)-1)

エクエル・文字取り出し関数

完成形のこの式を最初に見るとなんか複雑そう、と思うかもしれません。

しかし分解して考えると、とても簡単です。

基本・LEN関数とMID関数

文字数を取得する関数と文字を取り出す関数です。

LEN関数

文字列の文字数を取得する式です。

=LEN(文字列)

以下の例は、C列の金額の文字数を取得します。

=LEN(C3)

エクセル・LEN関数

 

MID関数

文字列の指定した位置から指定した文字数分を取り出す関数です。

=MID(文字列,開始位置,文字数)

以下の例は、C列の金額文字列から、1文字目~文字数-1です。文字数はLEN関数で設定した式を利用しています。

=MID(C3,1,D3-1)

エクセル・MID関数

 

完成・LEN関数とMID関数を組み合わせて文字を取り出す

最初の式に戻ります。

=MID(C3,1,LEN(C3)-1)

C列の文字列から円を取り除いた数字を取り出す。

  • 文字列はC3
  • 開始位置は1文字目なので「1」
  • 文字数は「円」を除いた数字なので、C3の文字数-1

基本の文字取り出し関数

今回の例にはなかった関数ですが、基本の関数でよく使うので載せておきます。

RIGHT関数

文字列の右端から指定した文字数分の文字列を取り出します。

=RIGHT(文字列,文字数)

例:B列の文字列から右端より5文字を取り出す関数。

=RIGHT(B3,5)

エクセル・RIGHT関数

LEFT関数

文字列の左端から指定した文字数分の文字列を取り出します。

=LEFT(文字列,文字数)

例:B列の文字列から1文字目を取り出す関数。

=LEFT(B3,1)

エクセル・LEFT関数

 

応用編・LEFT関数とFIND関数を使って文字列を取り出す

データより名前のみ取り出したいというようなことがあります。

以下のような場合は、LEFT関数とFIND関数の組み合わせます。

「:」より左側にある名前のみのデータにしたい。「:」までの文字数は何文字あるかわかるFIND関数を使います。

=LEFT(B3,FIND(":",B3)-1)

LEFT関数・応用

このような場合は、「:」が規則正しく入っていないとできません。

例えば「:」が半角の「:」だったらエラーになります。事前に文字の置換をしておく必要があります。

一見複雑で難しそうなことでも、関数やエクセルの機能を組み合わせることで簡単に操作できるようになります。

 

-PC関連
-

© 2020 バイクOBA3