PC関連

エクセルのVLOOKUP関数で効率アップ・まずは基本編から覚えよう

VLOOKUP関数です。

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索の型)

式だけ見るとなんだか難しそうですが、覚えてしまうと簡単です。

まずは、基本編から。次回は応用編。

VLOOKUP関数ってどんなものか

VLOOKUP関数を使うと、同じデータを何度も入力する必要がなくなります。参照した値を自動で表示するため、入力未ミスもなくなります。

購入品を記録する例で説明します。エクセルシートは2つ。

シート「入力」

エクセル・Vlookup

シート「品番」

値を参照する表です。

セルの結合をするとコピー&ペーストで困る

シート「入力」のC列に品番を入力するとシート「品番」の値を参照し、次の2つを表示します。

  • シート「入力」のD列に購入品を表示します。
  • シート「入力」のF列に合計金額を表示します。

VLOOKUP関数・基本編

この式は複雑そうですが簡単です。

購入品に品名を表示する設定

セル「D3」にVLOOKUP関数を設定します。

式設定後

エクセル・Vlookup

=VLOOKUP(C3,品番!$A$1:$C$4,2,FALSE)

  • 検索値:セルC3に入力する品番
  • 範囲:シート「品番」のデータ
  • 列番号:シート「品番」のデータの参照する列の番号
  • 検索の型:「FALSE」 または「TRUE」

(1)セルD3を選択し、

=VLOOKUP(

と入力します。→ 続きは何を入力するか表示されます。

エクセル・Vlookup

(2)検索値のセルC3をクリックし、「,」カンマを入力します。

エクセル・Vlookup・検索

(3)範囲の設定。シート「品番」をクリックします。

→ シート「品番」に移動します。

エクセル・Vlookup・範囲

(4)シート「品番」の品番一覧を選択します。

→ 選択すると点線で表示され、式は「品番!A1:C4」になっています。

エクセル・Vlookup・範囲

(5)「品番!A1:C4」を選択し、「F4」キーを押します。

※ノートパソコンの場合は、「Fn」キーを押しながら「F4」を押すものもあります。PCの種類によって違います。

エクセル・Vlookup・範囲

→ 品番!$A$1:$C$4 に変更されます。行と列の前に「$」が追加されます。これを絶対参照といいます。参照値は固定されます。

エクセル・Vlookup・範囲

(6)列番号の設定。続けて「,」カンマを入力します。

エクセル・Vlookup・列

(7)「2」と入力します。これはシート「品番」のB列の値を表示する設定です。

エクセル・Vlookup・列

(8)検索方法の設定。続けて「,」カンマを入力すると、「TRUE」と「FALSE」が表示されます。

  • TRUE:範囲に設定したシート「品番」のA列品番を昇順で並べておく必要があります。メリットは検索が早くなります。
  • FALSE:範囲のデータを並べ替えする必要はなし。

エクセル・Vlookup・範囲

私はいつも「FALSE」を設定しています。

エクセル・Vlookup

式の設定はこれで終わりです。

エクセル・Vlookup

(9)式のコピー。式の設定したセルD3の右下の小さな四角をダブルクリックします。

エクセル・Vlookup

完成。

エクセル・Vlookup

金額を表示する設定

セル「F3」にVLOOKUP関数を設定します。

設定は購入品と途中まで同じです。

=VLOOKUP(C3,品番!$A$1:$C$4,3,FALSE)*E3

  • 検索値:「C3」、シート「入力」のセルC3
  • 範囲:シート「品番」のデータ範囲を選択する
  • 列番号:「3」、シート「品番」のデータの参照する列の番号→C列の金額
  • 検索の型:「FALSE」

式の最後にE列の数量をかける式を入力して終わりです。

 

-PC関連
-

© 2020 バイクOBA3